50, Ayumi Paul

Design: Miki Kadokura
Client: Ayumi Paul

Quotation from Ayumi’s text;
Prepared as a limited release series of 50, each recording of Project 50 is conceived as a site specific aural documentation. Like a photograph, it details the many layers of conditions, memories, visions and stories coming together at a specific time and place. The nuances of each recording are captured and shared as raw as possible, without cuts and other post production tools. I have chosen to use CD technology as the data spiral emits reflected energy and this use of light is synonymous with the act of creation itself. I package each recording by hand. The disc sits on a plate of wood crafted from the maple used to make violins. The object also acknowledges the union of humanity and nature. The result is a gentle observation of how inanimate materials attend to time and sound. My intention is to create 50 such releases of 50. These will probably span my lifetime. By structuring Project 50 in this simple format I seek to encourage an abundance of possibilities as to how it will unfold.

50, Ayumi Paul

Design: Miki Kadokura
Client: Ayumi Paul

以下、一部抜粋の意訳:

「50」は、それぞれのレコーディングごとに50部のみ作られる、サイトスペシフィックなサウンド・ドキュメンテーション作品である。写真と同様、その場所の状態、記憶、景色や物語が幾層にも重ねられ、固有の時と場所に描かれる。録音における繊細な情景は、編集や加工を極力避けて、そのままの形で残されている。再生時にレーザーで照射される光が、そのエネルギーや精神を解き放つこと、それ自体が一つの創造の形態であることから、あゆみはCDというメディアを選んだ。一つ一つが彼女自身の手で、バイオリンに使われるのと同じ、楓の板の上に横たえられる。ここに、人間と自然の調和の形として、この物体がある。無機物でありながらも、この物体はいかにも、時と音に寄り添っている。「50」は、50のシリーズの刊行を予定している。それは彼女の人生の全ての時間を費やす作品になるだろう。