DRAWING by NAOKO OGAWA

Client & Jewelry: naoko ogawa
Choreography concept, Hair, Styling & Art direction: Miki Kadokura
Dance: Akemi Nagao
Photograph: Yuko Nakajima
Special thanks for Yoshito Maeoka, Michel Tuttle & Mathias Geoffroy

‘Drawing’ is the series of artworks by a Berlin based Jewelry artist Naoko Ogawa. It’s a discovery of the aesthetic ー the genderless human body which co-resonances with the jewelry. For the choreography, I tried to re-define the relationship to Jewelries. For example, ‘a dialogue in between the ring, fingers and the face.’ or ‘a tension created by the necklace and fingers transmit and expand movements of the whole body’. These key sentences were shared with the dancer and photographer at the shooting improvised.

DRAWING by NAOKO OGAWA

Client & Jewelry: naoko ogawa
Choreography concept, Hair, Styling & Art direction: Miki Kadokura
Dance: Akemi Nagao
Photograph: Yuko Nakajima
Special thanks for Yoshito Maeoka, Michel Tuttle & Mathias Geoffroy

社会的地位や社会的価値を表す「記号」としてのジュエリーではなく、身に着ける人自身に宿る価値や美……ジェンダーを越境した確かな身体性や生きる自信……を見出す「力」を呼び覚ますきっかけとしてのジュエリー作品のシリーズ。コレオグラフィーにおいては、例えば、ネックレスを身につけ、ゆっくりと仰向けに地面に崩れ落ち、身体とジュエリーの接地点が移行する。ネックレスが胸から肩に滑り、背中にまわってゆくなど、ジュエリーと身体の呼応関係が、身に付ける人の立ち居振る舞いの変化を呼び起こすような動きを撮影現場で言葉をダンサーと写真家と共有しながら即興した。具体的には「古典的に美しいとされる、指輪を身につけた指の動き」「ネックレスが美しく体に沿った様子」ではなく、「手と顔の対話」「ネックレスとて指が生み出す緊張感が体全体に伝播して動きを紡ぎ出す」というように、動作の定義を古典的な美学によらない言葉で置き換えることで、歴史的文脈から解放され、ニュートラルにジュエリーと身体が呼応するコレオグラフィーを目指した。